アミノ酸の種類

人のからだを作っているアミノ酸は20種類あります。その中でも体内で合成できるものを「非必須アミノ酸」体内で合成できない「必須アミノ酸」に分かれます。

[tabs style=”boxed”]
[tab title=”必須アミノ酸”]

バリン  BCAA※のひとつ。肝臓で処理されず、筋肉に積極的に取り込まれて直接エネルギー源に。
ロイシン BCCA※のひとつ。エネルギー源になる。筋肉のタンパク質の分解を抑える助けになる。
イソロイシン BCAA※のひとつ。エネルギー源になる。筋肉の消耗を防ぎ、皮膚の回復を促進する。
リジン 筋肉の形成に影響。骨の発育を助ける。ウイルスの働きを抑制。
メチオニン 肝臓から毒性のある老廃物を取り去り、肝臓や腎臓の働きを助ける。
フェニルアラニン 記憶力や注意力、気分を向上させる。食欲を抑える。
トリプトファン 鎮静作用を持つ神経伝達物質(セロトニン)のもととなる。成長ホルモンの分泌を刺激。
ヒスチジン  赤血球、白血球の形成に欠かせない。貧血やアレルギー疾患、消化器系の潰瘍を改善する。
スレオニン 肝臓への脂肪の蓄積を予防する作用を助ける。

※BCAAについてはこちら[/tab]
[tab title=”非必須アミノ酸”]

チロシン 神経伝達物質(ドーパミンなど)、甲状腺ホルモン、成長ホルモン、メラニンの材料に。
システイン・シスチン 組織の抗酸化反応を助け、回復を促進する。白血球の活性を高め、炎症を抑える。
アスパラギン酸 糖質を筋肉のエネルギーに変換するのを助ける。疲労回復、皮膚や毛髪の合成を促進。
アスパラギン アスパラギン酸に変化する。
セリン 細胞のエネルギー合成を促進する。記憶力や神経系の機能、免疫力を高める。
グルタミン酸 エネルギー源になる。脳での代謝やほかのアミノ酸の代謝に重要な働きをする。
グルタミン  免疫系の機能を助ける。エネルギー源となる。知力、集中力を刺激し、記憶を助ける。
プロリン 筋肉のエネルギー源として使われる。筋肉の合成時の材料、コラーゲンの主要成分。
グリシン ほかのアミノ酸の合成を助ける。ヘモグロビンの材料となる。鎮静作用を持つ。
アラニン 結合組織の主要材料。タンパク質が筋肉のエネルギー源になるのを促進。免疫力を高める。
アルギニン インスリンや成長ホルモンの分泌を増やす。免疫系の機能を助ける。

[/tab] [/tabs]